車いすで巡る京都の街かど風景写真アルバム  -名所名跡・寺社仏閣・グルメガイド・バリアフリー情報・観光ガイド-

太秦・衣笠・花園

蚕の社(木嶋坐天照御魂神社)

撮影日 2016年7月21日・30日

木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)は、京都府京都市右京区太秦にある神社。通称は「木嶋神社(このしまじんじゃ)」や「蚕の社(かいこのやしろ)」。
古くから祈雨の神として信仰された神社であり、境内には珍しい三柱鳥居があることで知られる。
蚕の社

蚕の社

蚕の社

社殿は明治以降の再興。本殿の東側には蚕養神社(こかいじんじゃ)が鎮座し、「蚕の社」の通称は同社に由来する。

 

蚕の社

境内の北西隅には「元糺の池(もとただすのいけ)」と称する神泉があり、現在は涸れているがかつては湧水が豊富であった。

この元糺の池の中には三柱鳥居(みはしらとりい)が建てられている。これは柱3本を三角形に組み、3方から中心の神座を拝することを可能とする珍しい形式の鳥居で、「京都三鳥居」の1つに数えられる。

蚕の社

蚕の社

蚕の社

伝承では木嶋社の社叢を「元糺の森」、神泉を「元糺の池」と称し、下鴨神社の森が「糺の森」と呼ばれるようになる以前、元々は木嶋社の社叢が「糺の森」と呼ばれていたとする。

 

蚕の社

 

みたらし祭(御手洗祭)
現在も夏の土用の丑の日にこの泉に手足を浸すと諸病に良いとして信仰されている。

蚕の社

蚕の社

蚕の社

蚕の社
 
 

 

 
楽天トラベル株式会社
楽天トラベル株式会社
楽天トラベル株式会社

Comments are disabled.