車いすで巡る京都の街かど風景写真アルバム  -名所名跡・寺社仏閣・グルメガイド・バリアフリー情報・観光ガイド-

京都駅周辺

河原院跡と高瀬川


撮影日 2017年2月8日

源融(みなもとのとおる)とは嵯峨天皇の皇子であり、源氏物語の光源氏のモデルと言われ、このあたりに『河原院』という大邸宅をもっていた。

 

 

高瀬川船廻し場跡
河原院跡と高瀬川

河原院跡と高瀬川

高瀬川は京都の水運として大正九年(一九二〇)まで使われていた。当時この辺りの川幅は、九メートル余りあり、船廻し場となっていたらしい。

 

河原院跡と高瀬川

河原院跡と高瀬川

 

 

源融(みなもとのとおる)河原院跡

河原院跡と高瀬川

榎の大樹はこの邸内にあった森の名残といわれる。
すぐそばには、小さな社と鳥居があり榎大明神が祭られている。

河原院跡と高瀬川

源氏物語の主人公・光源氏の邸宅「六条院」。
物語の中で登場するこの「六条院」は、平安時代前期に実在した源融(みなもとのとおる)の河原院(かわらのいん)がモデルだといわれる。
 
また、この河原院の名から河原町という通り名が生まれたといわれている。

 

六条河原
 
河原院跡の裏側から見える六条河原(ろくじょうがわら)は、京都市内を流れる鴨川の河原に存在した刑場。
古くから時の権力者に反抗した政治犯たちが数多く処刑されている。

保元の乱における源為義・平忠正、平治の乱における源義平・藤原信頼、治承・寿永の乱(源平合戦)では平能宗・藤原忠清、
本能寺の変における斎藤利三、関ヶ原の戦いにおける石田三成・小西行長・安国寺恵瓊など、著名な武将や政治家がここで最期を迎えている。

 

 

 

 

楽天トラベル株式会社
楽天トラベル株式会社
楽天トラベル株式会社

Comments Closed

Comments are disabled.