赤山禅院 | 山紫水明 車椅子でぶらぶら京都観光

車いすで巡る京都の街かど風景写真アルバム  -名所名跡・寺社仏閣・グルメガイド・バリアフリー情報・観光ガイド-

一乗寺・修学院

赤山禅院


撮影日 2017年12月9日

赤山禅院(せきざんぜんいん)は、平安時代に創建された、比叡山延暦寺の塔頭。
京都御所から見て表鬼門の方角(東北)に当たるため、方除けの神として古来信仰を集める。

 

鳥居
赤山禅院

 

山門
赤山禅院

赤山禅院
石段があり、車椅子はここまで。
迂回路はあるそうだが、未整備で危険だから使わないで欲しいと言われた。

 

赤山禅院

本尊の赤山大明神は、陰陽道の祖神とされる中国の神「泰山府君」を勧請したもので、京都御所の表鬼門を守護している。

赤山禅院

赤山禅院

赤山禅院

赤山禅院

赤山禅院

赤山禅院

赤山禅院

赤山禅院
拝殿の屋根の上には、御所の東北角・猿ヶ辻の猿と対応して、御幣と鈴を持った猿が安置されている。

都七福神の福禄寿のお寺としても知られ、また毎月行われる五日講が古くから商人に信仰され「五十払い(ごとばらい)」の起源となる。他にも「ぜんそく封じ・へちま加持」「珠数供養」などさまざまな信仰を集めている。

赤山禅院
http://www.sekizanzenin.com/

 

 



Comments Closed

Comments are disabled.