車いすで巡る京都の街かど風景写真アルバム  -名所名跡・寺社仏閣・グルメガイド・バリアフリー情報・観光ガイド-

九条

羅城門跡と矢取地蔵寺


撮影日 2018年2月27日

平安京の羅城門は,朱雀大路(すざくおおじ)の南端に建てられた都の正門です。

羅城門跡

矢取地蔵寺
羅城門跡

嵯峨天皇の命で造営された東寺と西寺。東寺には空海がおり、一方の西寺には守敏(しゅびん)という僧がいた。
平安京に日照りが続いた時、空海と守敏に神泉苑(京都市中京区)で雨ごいが命じられる。先に守敏が祈念したが、雨は降らない。そのあと、空海が願をかけると三日三晩にわたって雨が続いたという。。
これを逆恨みした守敏は、ついに空海を羅城門近くで待ち伏せて矢を放つ。
その時、黒衣の僧が現れて身代わりに矢を受け、空海は難を逃れた。黒衣の僧は実はお地蔵さまの化身であり、後にそのお地蔵さまは「矢取地蔵」とか「矢負(やおい)地蔵」と呼ばれるようになる。(どこまでが本当か疑問・・・)

羅城門跡

羅城門跡

羅城門遺址(らじょうもんいし) 南区唐橋羅城門町(花園児童公園内)
羅城門跡

羅城門跡

羅城門跡

考古学的には羅城門の遺構はまだ発見されていません。

 



Comments Closed

Comments are disabled.